「仕事ついでにちょっと楽しむ」を考えると人生がちょっと楽しくなる

新型コロナウイルスの影響でオンラインでの仕事が増えるであろう状況ですが、どうしても移動を伴う面談での仕事はあります。

独立してからはその移動先でもちょっとだけ楽しめるように工夫をしています。

行き先が決まったらその地をググる

車社会の宮城県ですが、お客様をご訪問させて頂いたり、初回の面談でお伺いしたり、県のお仕事でちょっと県内の端っこへ行ったりしています。時には研修だったり決算だったりで新幹線や飛行機で県外へ行くことがあります。

独立後、行き先が決まったら必ずやっているのが「その地をググってみる」です。

県外はもちろんですが、ちょっとした隣町へ伺う際にもこれをするようにしています。ググるとその地の名産品だったり名所だったり色々でてきますので、仕事で行く場所の近くや帰路にあるお店だったり、名所だったりを探し、当日のスケジュールに入れ込んでいます。

美味しいものを味わったり、きれいな景色を見に行ったりなど、その地その地で楽しめることをググって探します。

楽しみをひとつ入れ込むことにより、その日の仕事がちょっと楽しみになります。

お店・食べ物・自然を中心に

楽しみを追加するとしてもその地へ伺うのはあくまでも仕事のためです。仕事がメインであって「仕事ついでにちょっと楽しむ」はサブ。

なので短時間で済ませられるもの、仕事後に楽しめるものを中心に調べるようにしています。

訪問は基本的に午後なので、訪問の後に小一時間程度で済ませられるものをメインに探すとなると、やはりちょっとした食べ物だったりカフェに寄ったり、あとは観光地へさくっといって景色を眺めたり程度になります。

それでも単に仕事だけで行くより、仕事が終わったらちょっとこれを食べようとか、ここに行ってみようという楽しみがあるのでは全然気持ちが違います。

最近では白石市に行った際にはご当地「うーめん」を食し、登米市に行った際には帰路に松島へ寄って海岸で癒やされたり、本当にちょっとしたことを入れ込んで楽しむようにしています。

  

余裕のあるスケジューリングが大事

仕事ついでに楽しみを入れ込む際、スケジュールがタイトだとどうしても難しくなります。

仕事が立て込んでいたり、明日までの提出物がまだできあがってなかったりするとそんなことしている余裕はありません。訪問が終わったら即戻って仕事しなきゃです。

時間で考えると、訪問が夕方のアポだったりすると難しくなります。

独立当初からアポは午後をメインにと考えているので、基本的には夕方までには訪問のお仕事は終わるようにスケジュールを組んでいます。

どうしてもお客様のご都合でアポが夕方になることもありますが、それは相続税の案件など稀なケースです。相続案件は平日の夕方だったり土日だったりをご希望される方が多いので例外的に自分の中でOKとしています。

なので訪問は基本的に午後の早い時間でアポをとらせて頂いています。

独立後のスケジュールは自分で決めることができます。勤務時代のようにキツキツにスケジュールを組む必要もありません。

余裕のあるスケジューリングを意識し、でも自分本意過ぎず、お客様のスケジュールにも気を配るように心がけています。

何事も前もって準備すればキツキツなタイトスケジュールにはなりません。時間に余裕を持つために先手先手で仕事を進め、自分にとっても、お客様にとっても時間に余裕が持てるスケジューリングを組むようにしています。

「仕事ついでに楽しむ」は余裕のあるスケジュールが前提にあるので、これからもスケジューリングには気を配っていきたいと思います。

 

【編集後記】
昨日は事業承継案件のご相談。ちょっと遠方だったのでドライブ気分でいってきました。
ナビがあるのに途中で道に迷う。。。ナビを信じないでインターを過ぎてしまった私の責任。ナビ付けてる意味がない。。。

【家族日記】
録画した子供番組を子供たちはほぼ毎日楽しそうに見ています。
おかげさまで私も「ファンファンしてる」が口癖になり、子供たちと一緒に「ファンファンしてる」。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です